オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
浴衣

半纏や浴衣、また手ぬぐいなどの和装品は、日本では昔から使われてきたものです。
半纏は、日本で古くから特に庶民の間で着用されてきた、和服の一種です。
特に江戸時代からよく用いられてきたものです。
その中で、主に職人などの労働者の作業着として着用されていたものが半纏です。
半纏は、江戸時代に、特に庶民の間にて広く使用されるようになったものです。
現在でも、作業着として着用している人は少なくないものです。
また、冬の寒い時期などに使われる綿入れ半纏と言うのも、よく使われる防寒着のひとつです。
また、元々は風呂から上がった際に水滴を吸わせるなどの目的で着用されてきたものが、浴衣です。
浴衣は、平安時代にはすでにその原型とされている湯帷子と言うものが登場していたとの記録があるのです。
そして江戸時代に入ると、庶民の衣類として日常生活で頻繁に使われるようになったのです。
また、神事の際の装身具として使われるほか、神仏の掃除にも使われていたのが手ぬぐいです。
それが安土桃山時代になると、簡単な帽子のような被り物として使われるようになったのです。
そして江戸時代に、銭湯の文化が盛んになったことで、体を洗う道具としてなど庶民には欠かせない生活用品として、手ぬぐいがよく使われたのです。
半纏や浴衣、手ぬぐいなど、これらは全て一般庶民の間で愛されたものなのです。
ですから、その価格は安く、手に入りやすいものとなっていたのです。
半纏や浴衣、手ぬぐいなどがそういった庶民にも手に入りやすい価格で売られていたというのは、従来高価なものであった絹の着物に代わって、麻や木綿を使った素材で作られたものであったからです。
天明の大飢饉の際に、庶民は絹製品を着用することが禁じられ、麻や木綿でできた浴衣や半纏を端切れなどで直しながら大事に着用していたのです。
その端切れが、現在存在しているような手ぬぐいとして使われ、現在に至るのです。
近年では、外国産の非常に安価な浴衣や半纏、また手ぬぐいなどが簡単に入手できるようになり、着物文化の中でも身近なものとして存在しているものです。
庶民にとって入手しやすいものであることは、昔から現在まで変わっていないのです。

浴衣の少女

日本では昔から、半纏や浴衣、またそれらに着付けの際にも使う手ぬぐいなどの和装が広く用いられてきたのです。
半纏は、日本で古くから特に庶民の間で着用されてきた、和服の一種です。
特に江戸時代からよく用いられてきたものです。
半纏は江戸時代では主に職人などの労働者の作業着として着用されていたもので、戦後まで広く利用されていたのです。
現在でも作業着として着用するほか、防寒着としての綿入れ半纏が冬の寒い時期に使われているものです。
浴衣とは、もともとは湯上りに着用する室内着として使われてきたものでした。
その歴史は古く、平安時代には浴衣の原型とされている湯帷子がすでに誕生していたとの記録も存在するのです。
これが江戸時代に入ると、浴衣は庶民の衣類として好まれ、日常生活にて頻繁に着用されるようになったのです。
また手ぬぐいも、平安時代には原型となるものが登場し使われていました。
手ぬぐいは、神事の際の装身具として使われるほか、神仏の掃除にも使われていたものです。
それが簡易的な被り物のように使われるようにもなり、江戸時代に公衆浴場が盛んになったことから、庶民に欠かせない生活用品として、手ぬぐいは広く使われるようになったのです。
半纏、浴衣、手ぬぐいなどこれらは全て、庶民の間で愛されたものだったのです。
そのため、価格も安く、手に入りやすいものでした。
半纏や浴衣、また手ぬぐいなどが庶民にも手に入りやすい価格で売られていたのは、それまで高価であった絹の着物に変わり、麻や綿を使った素材で作られたためです。
天明の大飢饉の影響で庶民の絹製品の着用が禁じられてからは特に、端切れなどでつくろいながら、麻や木綿でできた浴衣や半纏を大切に着ていたのです。
その端切れが現在広く使われている手ぬぐいに近いものであり、完成形に近い原型であると言えるものです。
現在は外国産の非常に安価な浴衣や半纏、また手ぬぐいなどが登場するようになり、一万円以下で浴衣のセットを揃えることも難しいことではなくなりました。
古くから現在までも、これらは庶民の味方として設定された価格が保たれているのです。